ホタル情報

谷戸のホタルに関連した記事です

ホタル通信159号を掲載しました

会報の「ホタル通信」の159号をホームページ上に公開しました。

あっという間に、片所谷戸のホタルの季節が終わってしまいました。
今年のホタルや観察する人の写真やグラフが掲載されています。

裏面には、今年のホタルの観察の詳細記録や考察が記されて、盛りだくさんとなっています。
数が昨年に比べ減っているのは、谷戸の開発の影響でしょうか?地球温暖化の影響なのでしょうか?

皆さんでも考えてみて下さい。

ホタル通信159号 <== ここをクリック

ホタルの観察について

口うるさいようです恐縮ですが、片所谷戸ホタルの観察についてお願いです。

・懐中電灯はなるべく照度の低いものでお願いします。
 足下を照らすのみで、ホタルを照らすなどしないでください。

・ホタルの飛んでいる場所についたら明かりを切って下さい。

・携帯・スマホの手持ちでの写真撮影は難しいと思います。撮影時に光ったり、他の観察者に迷惑がかかる場合があります。
 しっかり目に焼き付けましょう

・谷戸は自然そのままで、蚊や虫がいます
 虫除けには長袖・長ズボン・帽子着用、虫払いにはうちわ持参がおすすめです。

・谷戸には、ぬかるみや草が生えていたり、滑りやすい橋もあります。サンダルはお勧めしません。

虫除けスプレーをつけた場合は、手でホタルを追いかけてたり触ったりしないでください。
 つけない方がよってくると思います。

少なくなった昆虫や植物たちが生きている場所に、私たちがお邪魔するのです。
生き物たちに迷惑をかけないよう、静かにひっそりと観察・見守りましょう。

飛光報告(6/17)

毎晩観察をしている会員からの報告です。
いよいよ飛光本番です。

5月31日に初見 のあと、徐々に増えて
6月5日には5頭
6月8日には9頭
6月10日には18頭
6月14日には26頭 の飛光が確認されています。
(観察記録からの抜粋です)

6月14日の内訳は、
第1ステージ:4頭、第2ステージ:11頭、第3ステージ:1頭、池周辺:10頭です。

場所は、会員の間で以下の様に呼んでいます。
第1ステージ : 南の入口からホタル看板10mくらいの湿地が開けて見える場所
第2ステージ : そこから20メートル位北で大きく湿地の方へ張り出した場所
第3ステージ : 小川と丸木橋手前の広場
池周辺    : 多摩境通り側の北の入口の下の池の周辺

 

今年のホタルの初見

ホタルを観察している会員からの報告です。
いよいよです。

——
5月31日(水)19時40分の待望のホタルの初見がありました。

第2ゾーンの水路の岸辺で2分から5分の間隔でほとんど移動することなく
時には強く、時には弱くピーカ、ピーカと発光しました。

新しい世界に飛び込み、まだ飛ぶ勇気もないようでした。

明日からは徐々に多くのホタルの飛翔が見られることを期待しています。
—–

ホタル飛光報告(6/12)

毎日谷戸で観察している会のメンバーからの報告です。
報告が空いてしまいましたが、順調に飛光数が増加しているようです。

—-
今年も順調に飛翔始め、ホタルの優雅な光が人の心に癒しと感動を与えてます。
地元近隣をはじめ、多方面から多くの観察者で賑わいを見せています。

6/4 からは飛光頭数が20頭を越えています。
6/8 には40頭が飛光しました。
6/10 には気温が高くなったためか51頭の飛光を確認し、6/11は46頭を数えました。

—-
例年ですと、ここ1~2週間がピークと思われます。ぜひ観察においでください。

観察時はホタルにストレスを与えないため、以下をお願いします。
・懐中電灯は足下を照らすようにしてください
・虫除けスプレーはなるべくつけず、肌を露出させない工夫でおいで下さい

ホタル飛光報告(5/31)

会員からの報告です。

ホタルの飛光が本格的になって来ました。
5月31日夜は、合計16頭が飛光しました。
内訳は、第1ステージ:1頭、第2ステージ:3頭、第3ステージ:2頭、池周辺:10頭です。

場所は、会員の間で以下の様に呼んでいます。
第1ステージ : 南の入口からベンチのあたりの開けて見える場所
第2ステージ : そこから50メートル位北で大きく湿地の方へ張り出した場所
第3ステージ : 小川手前の広場
池周辺    : 多摩境通り側の北の入口の下の池の周辺

ホタル飛光報告(5/27)

一般の方から、ホタルの飛光の報告がありました。掲載送れて申し訳ありません。

みなさん楽しみにしているのですね。
ありがとうございます。

昨日(5月27日)、20時30分ごろ片所谷戸、池周辺にて3匹の蛍の発光が確認できました。
今年もたくさんの蛍が見れるといいですね。

今年もホタルが飛光をはじめました

報告が一週間も遅くなってしまいましたが、会員から以下の報告がありました。

ホタル初見です。
本日•2016年5月24日20時25分、池の周りの草むらで、一本の草に葉の上で、一頭のホタルが光ってくれました。昨年よりは2日早いでしょうか。立ち会った人は3人、内会員2人。

気温もそんなに高くはなく、風も強いこんな日に、光ってくれたのです。池の周りと言う近くだったので発見できたのかも知れません。今後ますます光り、飛光してくれるでしょう。

毎日、会員が現地で観察しております。ぜひお声がけください。

2015年のホタルの観察を終息しました

7月15日は全体で5頭の飛光を確認しました。16~17日は台風により天候が荒れそうでしたので、今年度の観察記録は終息することになりました。

詳細な飛光頭数などの記録は、次のホタル通信に掲載される予定ですが、今年は例年にくらべ飛光した頭数が多いようです。どのよな環境の変化によるのでしょうか。
会の方でも今後総括をしていく予定です。ご意見などある方は、ぜひご連絡下さい。

観察にいらした皆さん、観察や写真のご支援を頂いた皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
来年も沢山のホタルが見れると良いですね。

ホタルの発生状況(7/1現在)

報告がだいぶ空いてしまいましたが、継続して会員によりホタルの観察をしています。

15日ころが飛光のピークと思われたのですが、その後20日から25日にかけて40頭を越える日が続きました。
高温のせいか、初見が例年より10日以上早く、ピークも1週間早まるかと思いましたが、結局、飛光頭数のピークは例年のように6月22日あたりだったようです。嬉しい誤算でした。
23日以降は減少傾向ですが、まだ20頭近く見えるようです。

現在は、これまで多かった池のあたりではなく、下流のお墓の近くでベンチのあるあたり(会では「第1ゾーン」と呼んでいます)で多く飛光しているようです。これは例年にないこと、会員は喜んでいます。

これら、菅原会長による観察の詳細記録は、ホタル通信138号の裏面に速報として掲載しています。ぜひ、合わせてご覧下さい。